Q&A

水タバコは合法なの?

紙巻きタバコの何倍もの煙をモクモクとふかし見慣れない瓶とホースで何かを吸っている。
そんなビジュアルから、水タバコ/シーシャを怪しいものだと思い、日本の法律に触れていないか、という心配をされる方もいらっしゃいます。

また、おそらくマンガや映画の影響で、水タバコ/シーシャはアンダーグラウンドな物というイメージをお持ちの方もおられます。
実際のところ、日本の法律上では水タバコ/シーシャは合法と言えるのでしょうか?

こちらについてはご安心ください。
もちろん、水タバコ/シーシャは日本でも合法です!
法律上はパイプタバコに準拠しており小売販売許可を得た上での営業は、何ら問題がございません。
当然、チルインでも小売販売許可を取得して営業しています。

また、水タバコ/シーシャのフレーバーについても、チルインでは、主にドバイ産の高級水タバコフレーバーを、法律に則った正規ルートにて輸入しています。
ただ、水タバコもタバコには違いなく、法令で定められた決まり上、入場の際には、みなさまに年齢のわかるもののご提示をお願いしています。

海外では、18歳からOK、あるいは年齢制限そのものが無いこともありますが、日本の法律に準拠して、チルインでは二十歳未満の方は入場をお断りしています。
ご来店の際には、公的な証明書の持参をお願いいたします。コピーでも確認ができるものであれば、結構です。
そちらをご入店の際に確認させていただいた上で、店内へご案内しております。
ちょっと面倒かもしれませんが、お客様、チルイン双方が法律を守った上で、正しく水タバコ/シーシャをお楽しみいただけるよう、最大限の努力をしておりますのでどうぞご協力をお願いいたします。

Instagram

年齢確認ご協力のお願い

水タバコ/シーシャ専門店チルイングループでは、入場の際、全てのお客さまに、何か年齢の確認できるものの提示をお願いしています。
これは今後、水タバコ/シーシャを日本の社会に、健全に普及させるための、大切な要素です。
お客さま方においては、ご面倒かとは存じますが、なにとぞご協力いただけますようお願い申し上げます。

年齢確認における公的な証明書一覧

  • ・運転免許証(運転経歴証明書)
  • ・パスポート
  • ・各種健康保険証
  • ・住民基本台帳カード
  • ・学生証
  • ・年齢の記載された公的資格の証明書
  • ・タスポ

※「Suica」「PASMO」「定期券」では、ご入場いただけません。